ノンアルの赤ワイン3選!赤ワインとノンアルの特徴も

スパークリング
スポンサーリンク

ノンアルコールの需要は右肩上がりの市場です。ノンアルコールワイン・ビール・カクテルなど様々な分野があり、酔った気分になれたり、飲み会の後に会食がある場合などにも有効活用できます。今回は、ノンアルコールワインの『赤ワイン』の方を紹介していこうと思います。赤ワインのオススメ3選やぶどうジュースとの違い・ノンアルの疑問などを詳しく解説していきます。

では、さっそくオススメ3選からいきましょう。

ノンアルコール赤ワインおすすめ3選

赤ワインの特徴などは【赤ワインの特徴】で解説していますので気になる方は先にそちらからご覧になってみてください。

ヴァンテンス・メルロー

深い紫色の色合いで、グラスに注ぐと本物のワインと間違えてしまう様な味わい。ブルーベリーのやや若々しいタンニンも感じられ、フルーティな飲み口が持ち味。

妖精たちの宴

ソムリエも認める、極上の赤ワインを思わせる深い味わいと品格の山ぶどう果汁。山ぶどう果汁「妖精たちの宴」は、珍しい野生種の山ぶどうを絞っただけの ノン・アルコールの飲み物です。ワインを飲めない方や今夜は飲まないという方に も、甘み・酸味・渋みのバランスと気品に満ちたコク、本格的赤ワインの風味をお楽しみ いただけます。

アルプス ヴァンフリー

葡萄由来の渋みですので、口当たりが自然です。果汁90%でありながら、ワインテイストな訳は、ワイン専用品種主体の原料ブドウを使用しているからです。以上の3点がおすすめのノンアルコールワインとなります。次は、ぶどうジュースとの違いについて解説していきましょう。

ノンアルコールワインとは?ぶどうジュースとの違いについて

ノンアルコールワインにつて、端的な結論からお伝えしたいと思います。『果汁を発酵させて一度ワインを作成、その後アルコールを除去したもの』です。では、ぶどうジュースとの違いは何なのでしょうか?それは『果実を絞った果汁をそのまま使用したもの』です。

ここでの違いは、製造工程に【発酵】があるかないかの違いです。

ノンアルコールワインは果汁を発酵させて一度ワインを作り、そのあとアルコールを除去しています。なので、ノンアルコールワインは脱アルコールワインと呼ばれているようです。しかし、市販のノンアルコールワインには、ぶどうジュースも含まれていることもあります。購入の際にはしっかりと、ラベルの確認が必要になりますので注意しておきましょう。

ノンアルの特徴や疑問3選

では、気になるノンアルコールビールの3つの疑問について解説していきましょう

ノンアルコールビールで運転はOK?NG?

結論から伝えましょう。ノンアルコールビールを飲んで運転してもOKです。捕まらない理由には、上記で説明した通り、ノンアルコールビールにはアルコールが含まれていないので警察に捕まる心配はないのです。日本のノンアルコールビールほとんど0.00%は安全ですので、安心して運転してくださいね。

ノンアルコールビールで『ほろ酔い気分』一体なぜ⁉

ノンアルコールビールを飲んだ時に起こる、『ほろ酔い気分』のことを空酔いといいます。その『空酔い』について紹介したいと思います。ノンアルコールビールを飲んだのに酔った気分を味わったことはありませんか?『間違ってビールを飲んだのかな』って思ったことがある人も結構いると思います。

それらがいわゆる「空酔い」といわれる現象です。

それは、ノンアルコールビールに近い風味や味わいを感じることで、以前アルコールを飲んだときの記憶がよみがえり、酔いに似た感覚になるというものです。これらを専門用語で【ノセボ効果】といいます。ノンアルコールの「高揚感」「楽しさ」は、普通の酒と同様の傾向を示しすという実験もあります。

ちなみに、よくプラシーボ効果と間違えて紹介する方もいますが、プラシーボ効果は薬剤に対してなので少し意味が変わるので注意が必要です。

ノンアルコールビールは子どもは飲んで良いのか?

ノンアルコールビールはアルコール度数1%以下の商品のことを指すことを理解できたと思います。そのため、アルコール度数0.5%や0.9%のノンアルコールという商品があってもおかしくありません。なので、ノンアルコールビールを購入する際はアルコール度数の確認は【必須事項】となっています。また、法律上は二十歳未満の未成年者も飲むことができます。

しかし、各メーカーは商品に「二十歳以上の人の飲用を想定」と表記し、未成年者には勧めていません。スーパーなど多くの小売店も酒類コーナーに並べ、未成年者への販売を自粛しています。キリンは「『本物のお酒を飲みたい』という気持ちを誘発する恐れがある」と理由を説明します。

以上が3つの疑問となっています!

次は赤ワインの特徴について解説していきます。

赤ワインの特徴

赤ワインの特徴について紹介していきます。

赤ワインとは、赤葡萄酒(あかぶどうしゅ)とも呼ばれ、黒色のブドウから作るワインです。赤ワイン生産工程の多くには、ブドウ果皮からの色と風味の抽出の工程が含まれています。深みがあり、渋味(タンニン)と酸味と果実味のバランスが味わいの決め手となるのが特徴的です。

赤ワインの中でも種類があります。

1.ずっしりとした飲み応えのフルボディ

2.ほどほどにコクがあるミディアムボディ

3.軽い飲み口のライトボディ

濃厚でコクのある赤ワインには、同じくこってりして旨味や甘味が強い食べ物と相性が抜群です。だから肉料理との食べ合わせが良いといわれています。

ワインの種類を解説

赤ワイン以外のワインを軽く紹介していきましょう

白ワインの特徴

白ワインもしくは白葡萄酒は、麦わら色、黄緑色、または黄金色を持つワイン。皮を取り除いた非着色の果肉部分をアルコール発酵させることで製造されており、白ワインは少なくとも2500年前から存在しているらしいです。白ワインの特徴としては、甘口から辛口まで幅広く、10℃前後の冷たい状態で飲むのが一番美味しく感じる。 基本的にはフルーティーな味わいと渋みが少なく飲みやすい口当たりとなっています。

スパークリングワインの特徴

パークリング・ワインまたは発泡性ワインと呼ばれており、二酸化炭素を多く含有するのが特長です。(簡単にいうとシュワシュワがある)スパークリングワインの特徴として、炭酸商品なので瓶の内部における圧力も非常に高く、 他のワインの瓶と比べ頑丈に作られています。コルクもマッシュルームのような形状の瓶になっています。

生ワイン

生ワインとは、フレッシュなぶどうの味わいや香りを楽しむためのワインです。

生ワインは発酵・熟成までは普通のワインと同じ工程ですが、その後の加熱殺菌などを行わず、生の状態でボトルにいれるのが特徴です。色味は濁っていますが、他のワインと違いフレッシュなぶどうの味わいや香りをより楽しめるのが特徴ですね。ただし、賞味期限が生ということもあり、短くて2週間程、長くとも半年程の短い期間となっています。

辛口と甘口について

辛口について

・すっきりとしていてキリッとした味わい

・冷やすとより美味しく飲める

・パンチのある飲み口が好みの人におすすめ

甘口について

・フルーティーで濃厚な甘みのある味わいが強い

・フルーツやデザートが好きな人とは相性がよい

ノンアル赤ワインのある生活で豊かに!

興味のある赤ワインは見つかりましたか?赤ワインにもたくさんの種類がありある料理も異なります。お好みのノンアルコール赤ワインを見つけることも楽しみの一つではないでしょうか?あなたにあったノンアルコール赤ワインがみつかりますように。

Paris'16

エッフェル塔の在るParisの16区”Seizieme(スジエム)"には、かつてパッシー(Passy)と呼ばれる村があり、この場所で修道士が葡萄畑を栽培していたと云われています。それにちなんで商品名”Paris'16”(パリ。16区)と名付けられたようです。みずみずしく熟した果実の味わいと、可憐な炭酸の上品な口あたりはノンアルには感じさせない商品となっています。

1688Grand Ros(グラン ロゼ)

優しい甘みで魅惑的な余韻のある味わいが特徴の商品となっています。賞味期限が未開栓で1年以上というのも魅力的な一因。

1688Grand Blan(グラン ブラン)

強い輝きを放つゴールドイエローの泡が美しく、洋梨とマルメロの上品なアロマに、大地の包容力を感じるスパークリングノンアルコールワインとなっています。フレッシュな酸味は、やがて心地よいバランスとしなやかさに変わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました